<< 暇なので・・・ main 茅ヶ崎の海岸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : -
フランスが夢見た日本
会社にいてもやることがないし、リサーチと言っても外は暑いし、たまたまもらった美術館のチケットがあったので今日は午後から上野へ行ってきました。
最近人ごみを避けて行動していたので、かなり久々の美術館です。


今日行ったのは『フランスが夢見た日本』という催しで東京国立博物館で開催しています。
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=5558


オルセー美術館の陶器のコレクションだそうで、私はそんなに陶器には興味はないので、いつも美術館に行っても陶器のコーナーはさらっと見て終わらせてしまう事が多かったのですが、今回のは意外にも面白かったです。
展示の内容はというと、普通のフラットなお皿にフランス人が日本画を真似して書いたものがずらっと並んでいるんですが、コピーの元は葛飾北斎や歌川広重の絵がほとんどで、原画とお皿が一緒に並んでいるものも多数合って、照らし合わせると間違い探しのようでした。
ちゃんと細かく模写できているものもあれば、もっとがんばろうよ!と思うものまで。


ちょっと笑ってしまったのは、河鍋暁斎が書いた原画のタイトルが確か”トカゲを争う雛達”で、2羽の雛が1匹のトカゲを取り合っている絵だったのですが、お皿を見ると1羽の雛がトカゲをくわえてるだけ。え??争ってない。もう一羽はどこに行った?もう一羽描くの疲れちゃった?(笑)と思わざるをえない感じでした。


あともう一つ、ものすごく気になったものが、上にURLを載せた美術館サイトにものってるんですが、歌川広重の東海道五十三次の沼津の原画は雪の中に2人、橋を渡っている人がいるのに、お皿はというと後ろに歩いてる人が行方不明に!(笑)
かわいそうに・・・
こんな有名な絵を省略しちゃっていいのか?!
やっぱり日本人の繊細さにはかなわないのかな?


でもフランス人が作っただけあり、パイ皿みたいなものに鯉などの和柄が描かれているものなど、日本とフランスのコラボっぽいものもあり普段ではなかなか見れないようなものも見れました。


デザイン・美術 : comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
- : - : -
comment
comment









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ホリデイ
ホリデイ (JUGEMレビュー »)

期待以上のストーリーでした!
Recommend
ベッカムに恋して
ベッカムに恋して (JUGEMレビュー »)

ベッカムなんてどうでもいいよ。主役の女の子が味があっていい!
DHCオンラインショップ
イセタンオンラインショッピング「I ONLINE」120×60
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
モノ・マガジン オンライン
Mobile
qrcode
Sponsored Links
累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ